傷病手当金は、土曜日曜でも受給できる?

弊所・大阪社労士事務所のお客様から、現在求職中の従業員さんの傷病手当金のことで、確認の電話がありました。
「年末年始は、損ですね。これだけ休みがあると、傷病手当金はちょっとしか出ませんよね。」

私「休日は関係ないですよ。土曜も日曜も、年末年始の休暇分も出ますよ。貴社なら、12月の29日から年明け1月4日までの休みの分も出ますよ。だから今回は31日分ですね。」
今回が初回で、締め日までは数日間年休を使うという、よくあるパターン。

事務担当者さんは、そう言えば今回初めての傷病手当金体験だったようで、少しばかり電話の向こうで驚かれた様子。
「それでしたら、傷病手当金もらった方が得ですね。この年末、どんだけ忙しかったか。桑野さんなら分かってもらえますよね?」

えー、お答えできません…。
月給制なので、某企業の事務ご担当者様も、年末年始の休みに関係なく、給与・賃金は支払われるはずですが。

続けて、事務担当者さん。
「添付書類は、タイムカードと賃金台帳でしょうか。お金もらえるから、そうですよね?」

私「いえいえ、去年(平成28年)の4月から添付書類としてのタイムカードと賃金台帳は必要なくなったんですよ。ただ、3ページ目書くのに必要なので、タイムカードと賃金台帳はこっち(大阪社労士事務所)に送ってくださいね。まあ、添付書類自体はなくなったんです。」

事務担当者さん、またしても電話の向こうで絶句??
「まるまるお休みなので、給料も支払ってないですし、こっちで書けますけど、書いて良いですか?」

私「分からなければ、ファクスかpdfで送ってください。直接協会けんぽへ送ってもらった方が、1日か2日は早くなりますから。」

毎日、色々あります。


※守秘義務の関係で、かなり脚色しています。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、無期転換ルールの対応、それらに伴う就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。長時間労働の是正支援も対応。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、お問い合せフォームから。

サイバー法人台帳への登録・診断のお手伝い

サイバー法人台帳ROBINS(ロビンス)への企業情報掲載、ホワイト企業宣言を支援しています。当事務所には、確認者がいますので、企業情報の確認・経営労務診断に対応しています。

  • サイバー法人台帳ROBINSとは
    プライバシーマーク(Pマーク)で有名な JIPDECさん(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)が設置したものです。
     https://robins-cbr.jipdec.or.jp/
    • 総務省および経済産業省共管の「財団法人日本情報処理開発協会」として設立され、公益法人制度改革に伴い、2011年4月1日に一般財団法人に移行するとともに名称も変更されました。JIPDECは通称です。

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースで2年を切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、2月3日金曜日です。お申し込みいただけます。
無期転換対応セミナー」から、ご確認ください。