会社の社員情報が漏れている?

先にお断りしておきます。
弊所・大阪社労士事務所が、お客様・企業様の個人情報・マイナンバーを漏洩したわけではありません。

お客様のご担当者様と、とある事項で打ち合わせをしていて、「人手不足ですね」と私が言った次の瞬間、その担当者様からポツリ。
「私宛に、人材紹介会社からヘッドハンティングの誘いが来たんです、社内で勤務時間中に。」

その人材紹介会社は、業界の大手で、おそらく人材サービスに詳しい方なら、誰でもが知っている企業。

私「それで、受けたんですか? 登録だけでもできるでしょ?」
担当者様「受けませんよ。 電話口で、即断りましたよ。」
続けて、ご担当者様、
「私のような、管理職でない、平社員にもヘッドハンティング来るんですね。」。

担当者様「でも、断った数分後に、別の社員にも、同じ人材紹介会社から電話があったんです。私を含めて、結局3人に連絡がありました。」

個人名(姓)の出所を、電話口の向こうの相手に聞くと「公開されている情報」と言うことだそうで。出身大学も違うし、年齢世代も違うので、そちら関係から漏れたとは思えないし、そもそも「公開されている情報」って何でしょうか。

可能性としては、社員名簿が漏れた可能性しか考えられないと言うこと。社内に設置されている個人情報・特定個人情報等の問い合わせ窓口担当に、早々に事情をお話しいただくことになりました。
(私には、社員名簿は交付されていません。私は、担当者様と社長様の名刺しか持っていません。)

その人材紹介会社のホームページを見ると、プライバシーポリシーも掲載されていましたが、さすがに今の段階で、電話するのは躊躇されておられました。

「まさか、自分が、(自社内の)個人情報の問い合わせ窓口を使うことになるとは」と、ご担当様は、しばし絶句。

今後どのような対応を取られるのでしょうか。
この企業様には、約2週間後に打ち合わせの予定なので、その時に新たな情報を入手したいと思います。



※守秘義務の関係で、一部脚色しています。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、お問い合せフォームから。

サイバー法人台帳への登録・診断のお手伝い

サイバー法人台帳ROBINS by JIPDECさんへの企業情報掲載、ホワイト企業宣言を支援しています。当事務所には、確認者がいますので、企業情報の確認・経営労務診断に対応しています。
https://robins-cbr.jipdec.or.jp/

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースであと1年切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、連休の谷間・5月2日、お申し込みいただけます。
無期転換対応セミナー」から、ご確認ください。