社内の役職と、法律に基づく資格・職名は別もの

最近、介護事業所・障害者支援施設・建設業の方と、仕事の打ち合わせをする機会があり、そこでの話しです。

具体的に、どんな話しをしているのかというと、就業規則の作成・事前の打ち合わせでの、役職手当の考え方について。役職手当なんて、「部長に○万円、課長に○万円でしょ」と思われたかも。

勘の鋭い方なら、ピンと来たかも知れません。
●建設業:監理技術者、主任技術者
介護事業所:サービス提供責任者(サ責)
●障害者支援施設:サービス管理責任者(サビ管)

つまり、この職名=職務に対して、役職手当を支給したい。
(いずれの業種の事業所様も、設立から数年、数ヶ月で、新しいところです。弊所は業種特化していませんので、もしかしたら、的外れのことを書いているかも知れません。)

そして、国家資格などもありますよね!
●建設業:1級建築士、1級土木施工管理技士など(一部です)
介護事業所:介護支援相談員(ケアマネ)、介護福祉士、ヘルパー2級など(一部です)

部長や課長、施設長は、社内の役職名。
監理技術者、サ責、サビ管は、法令に基づく職名。
1級建築士、ケアマネは、資格の名称。

社内の役職名に対して、役職手当を支給するケースが多いと思います。資格に対しては、資格手当、取得一時金などで処遇するのが、一般的でしょうか。

「監理技術者は、管理監督者に決まってる。」(元請けさんなので)
「主任技術者も、管理職に決まってる。」
「ケアマネも、自由に動かないといけないので、管理職でしょ。」
「サビ管(ここだけ別ですが)も、管理職では。」

そう、管理監督者の扱いにも影響してくるんです。

賃金規程・給与規程で、役職手当の支給対象を決めるのは、企業様の自由です。社内の役職と外部で通用する職名・資格をごっちゃにしても、方針がそうなら、別に問題はありません。
が、将来の企業像がある程度想像できるのなら、早いうちに、よーく考えて役職手当の支給対象者も決めておいた方が良いのは間違いありません。

今回、その3つの事業所様(企業様)の代表者の方と打ち合わせしていて、感じたことを書き留めておきます。


大阪社労士事務所

【大阪社労士事務所は、公的保険手続き・給与計算・就業規則・労務相談を行う、ごく普通の社会保険労務士事務所です。】

年次有給休暇の管理、有休の計画的付与制度の導入、働き方改革の支援、就業規則の変更・見直し、各種規程の策定も行っています。

ご相談・ご依頼は、ご遠慮なくどうぞ。

電話 06-6537-6024(平日9~18時)
不在時は、折り返しお電話させて頂きます。
または、お問い合せフォームから。

サイバー法人台帳への登録・診断のお手伝い

サイバー法人台帳ROBINS by JIPDECさんへの企業情報掲載、ホワイト企業宣言を支援しています。当事務所には、確認者がいますので、企業情報の確認・経営労務診断に対応しています。
https://robins-cbr.jipdec.or.jp/

無期転換ルール・継続雇用の高齢者特例の実務セミナー

無期転換・5年ルール実施が、一番早いケースであと1年切りました。
「無期転換後」の労働条件、どうしますか?

次回は、7月5日、お申し込みいただけます。
無期転換対応セミナー」から、ご確認ください。

同日13時から、「助成金活用のポイント・セミナー」も開催します。